フリーターについて考えるサイト

フリーターについて考えるサイト TOP

社会問題となっているフリーターの増加について考えてみました。

フリーターとはなにか

就職もせずに、アルバイトなどで生計を立てている人のことをフリーターといいます。

このフリーターという言葉の意味を把握しているでしょうか。フリーターはアルバイトやパートといった正社員ではない立場の人のことを指しています。

しかし、これにはさらに意味があります。内閣府が定義しているのは職についていない人だけでなく、派遣社員や契約社員もフリーターとして扱われています。

これは賃金などが非常に不安定で福利厚生も正社員ほどよくはありません。それゆえ自由度が正社員よりも高いということでフリーターという扱いになっています。

このフリーターは傍目から見れば自由な生活を楽しんでいるように見えるかもしれません。

しかしその実態は金銭が自由に得られていません。ですので精神面で不安定なことが多いということです。

なかなか複雑な作業を行うことはなく、担当する作業は単純作業が多くなります。

そのためスキルが身についていくということが少ないのです。結果として、仕事のスキルを上げ、キャリアを築いていくことが難しいのです。

これが長引くと就職活動に活かせるスキルを失ってしまい採用まで遠くなってしまうと言われています。

このフリーターと呼ばれる状態から正社員を目指していこうと考えているのであれば、就職活動などをできるだけ早く行っていき、面接などの行動に移す事が非常に重要です。

そうしないとどんどん年老いていき、さらに不利な状況に陥ってしまいます。若いフリーターの方に考えて欲しいのが、若さは武器ということです。

社会経験の少ない若い方を企業側も育てていきたいと思うからです。

そして収益の柱にしていきたいと考えているのです。30を超えてしまうと、就職は20代以上にかなり難しくなってしまうと思っておいてください。

就職活動をやってみると、企業はフリーターを働く意欲のない人と思って面接に臨んできます。資格や意欲を見せて自分の就きたい職に就いていきましょう。


フリーターとニート・アルバイトの違い

仕事がない状態で今何をしているのかと知り合いに聞かれたとき、「今フリーターをやっている」とか「今ニートになっている」という風に言っているかもしれません。

このフリーターやニートについて言葉の意味を分かっているのでしょうか。どちらも仕事が決まっていない状態でアルバイトなどで生計を立てているように見えます。

また、フリーターやニートというのは世間から見たら正直かっこよくありません。

このフリーターやニートは意味合いが似ているように思えますが、全く意味合いが違ってきます。フリーターはかつての就職情報誌の一節から誕生した言葉です。

「フリーのアルバイトをする若者」という意味からフリーターという言葉が生まれています。

15歳から34歳の人で学校に入学しておらず、アルバイトやパート雇用の人だったり今無職でアルバイトやパートの仕事を望んでいる人のことを指しています。

一方ニートですが20世紀末に生まれた言葉です。イギリスの調査報告書で「Not in Education, Employment or Training」という言葉があります。

教育、雇用または訓練をしていないという意味合いがあり、これらの頭文字をとって「NEET」と呼ばれるようになりました。

国内では厚生労働省が2004年の労働白書で定義し始めています。定義の基準としては15歳から34歳の労働者や失業者、主婦そして学生に該当しておらず、仕事についていない人を指しています。

共通点としては定職を持っていません。正規社員や長期アルバイトそしてパートでもない人です。好きな時に働いて自分の時間を費やしている人のことです。

しかし考え方には差があります。

フリーターは人生で目的があってアルバイトやパートをしている人ですが、ニートは仕事をしたいが仕事がなく、それでいて就職活動などをしていない人のことであると一般的に定義されています。収入が無いため家族に頼っているのがニートの特徴です。

自立するために仕事を探していく意識がないとニートとなってしまうでしょう。

フリーターは本当に楽なのか

就活しながらフリーターで維持

年代によって出来ること

フリーターになると大問題

フリーターになってしまうタイプとは

仕事を探す時にフリーターは不利なのか



Copyright (C) 2013-,フリーターについて考えるサイト,all rights reserved.