フリーターについて考えるサイト

フリーターについて考えるサイト TOP

社会問題となっているフリーターの増加について考えてみました。

年代によって出来ること

生計を保つ為には働かなければ何処からも収入が入る訳じゃないので基本的には働かざる得ないものですよね。

病気や何らかの事情で働きたくても働けない場合は別ですが一般的に収入を得る為には働いて生計を立ててる事でしょう。

定職にしてもフリーターにしても、どちらとも、それぞれ自分に見合った選択で目的に応じて収入を得る事を達成しているのですから必ずしも定職に就かなければならない拘りは無くても良いのではないでしょうか?

まだ10代、20代にフリーターで生計保つ事は充分に可能であるし中には目標金額が高く得たい為にアルバイトを幾つか掛け持ちフリーターで高収入を得る人も多々居るでしょう。

私の従弟はフリーターで幾つかのアルバイトを掛け持ちして稼いだお金で自分の店を持つ事が出来たのです。

叶えたい夢の為に定職を選択せずフリーターで稼いで自分の夢を叶えた従弟を見ると手段を選ばず収入だけを考えればフリーターでも断然に目標金額に達成する事が出来るのですからフリーターも考え様によっては得になる事が有るのですよね。

従弟も言ってましたがフリーターで沢山稼ぐには10代や20代の内の方が体力的にも維持出来るので幾つものアルバイトの掛け持ちで出来るけれど30代半ばとなってくると無理がくるのでフリーターとしてやるには年代にもよるものですよね。

従弟は店を持ちたい夢が有って実現させる手段でフリーターしてましたが今は自分の店を持って事業が上昇しているので店を広げる野望まで検討している様ですが、何はともあれ夢を持っていられるのは良い事でしょう。

私も一応、夢はあるのですが従弟ほどの熱意が無く流されていくままに結婚と出産や育児に追われ今に至ってますが今からでも遅くないかな?と思い少しずつ実行へ移したいと検討中なのでした。

何でもそうですが、思い立ったら吉日と言う位なのですから思った時に実行しないと何事も達成しないで終わってしまうものですね。

目標を立てる事で、それに向かって稼ぐ意欲も出てきては張りのあるライフスタイルを過ごせるのではないでしょうか。

フリーターは本当に楽なのか

就活しながらフリーターで維持

年代によって出来ること

フリーターになると大問題

フリーターになってしまうタイプとは

仕事を探す時にフリーターは不利なのか



Copyright (C) 2013-,フリーターについて考えるサイト,all rights reserved.