フリーターについて考えるサイト

フリーターについて考えるサイト TOP

社会問題となっているフリーターの増加について考えてみました。

仕事を探す時にフリーターは不利なのか

厚生労働省が定めている労働白書ではフリーターやニートは15歳から34歳までの人でパートやアルバイトをしながら働いている人を指しています。

そしてその期間ですが男性は5年未満、女性は未婚者が該当するのです。そのような人は徐々に増加しています。

フリーターの人口は1990年代から急増しており、2002年には200万人を超えています。現在も180万人と多く社会問題にもなっているのです。

そのような人が会社の正社員になりたいと思ったらどのようなことをしていけばいいのでしょうか。

正社員になりたいは多々あると思います。

自堕落な生活をしすぎて親に叱られたり、恩返しをしたいために仕事をしたいなどと考えている方もいるでしょう。単にお金が欲しいという方もいるでしょう。

たしかにフリーターの給料は不安定です。そこから脱却したいと考えたことから褒めていってもいいでしょう。

では就職活動を始めていきましょう。

フリーターとして就職活動を行っていくことに限らず、まずは企業研究などを行っていき、自分が理想とする業界はどのような業界なのか、そして飛び込む勇気と方法を知っておくことが就職を成功させるための第一歩となるでしょう。

そして自分の働きたい業界が決定したら、詳しくなっていくためにその業界に関する知識を深めておくことが大切です。

こうしていくと、フリーターであっても自分なりのアピールポイントを見つけていったり、スキルアップを目指すことができるでしょう。これだけあっても面接で十分に戦えるかもしれません。

しかし、それだけでは不十分です。国内に存在している企業は、多種多様の業界に所属しています。

数多の業界の中で自分がこれだとすぐ決定できる人の方がとても珍しいと思えます。

すぐ思いついたというフリーターの方がいればまだまだ分析できていないということにもなるでしょう。

将来的な部分を見ていくと業界の先行きが見えてくるかもしれません。

フリーターは本当に楽なのか

就活しながらフリーターで維持

年代によって出来ること

フリーターになると大問題

フリーターになってしまうタイプとは

仕事を探す時にフリーターは不利なのか



Copyright (C) 2013-,フリーターについて考えるサイト,all rights reserved.