フリーターについて考えるサイト

フリーターについて考えるサイト TOP

社会問題となっているフリーターの増加について考えてみました。

フリーターになると大問題

フリーターを気ままにやっていて、世間からどのようなイメージを持たれているかわからないという方も少なくないでしょう。

気楽に見えるフリーターも実は雇う側からすれば、格好の労働力なのです。それは会社負担が掛からないからです。健康保険や厚生年金といった労働者が仕事を続けていく際に企業が立て替える諸費用をフリーターに支払ってもらえばいいのです。

また世間の景気によって業績も大きく変わっていきます。これによって景気が悪くなればすぐ採用を打ち切ってしまえば費用がかからなくなるのです。

つまりフリーターは使い捨て感覚で雇っているようなものです。非常に便利な労働力といっていいでしょう。

時給も良くなくてもフリーターは仕事を求めてきますので、都合の良い労働力と言えるでしょう。こうして見ていくと、フリーターになると企業に利用されるだけ利用され契約を打ち切られることが多いのです。

契約期間が決まっていたり、仕事も複雑でなく責任感のない単純作業を繰り返していたらスキルも向上しません。

よって就職活動では相当苦労します。面接などで強みをアピールすることが難しいのです。

長期間アルバイトなどで単純作業をやっても、仕事のキャリアとしては認められません。スキルや資格が少ないと採用されることはありえません。仕事の幅も募集も少なくなるので生活手段が少なくなっていきます。

そして、人生設計でも影響が出ます。いずれ仕事をすればいいと思っていたら家を購入したいと思ってもローンを組めません。

結婚する時も相手はフリーターと聞いただけで経済力の無さなどから敬遠してしまうでしょう。

さらに親や知人、友人からも後ろ指を指されることが多くなってしまうかもしれません。明日の見えないフリーターが急増することは社会問題にもなっていきます。

家族でもしフリーターがいるのであれば向き合い方や仕事に対する意欲を向上させるような出来事を与えていかないと生涯フリーターという事態にもなりかねません。

フリーターの生涯賃金はどのくらいになるのか

社会人として仕事をしていくことと、フリーターでアルバイトをしていくことは大きく違います。

労働条件や勤務時間、そして給金などを比較していくと正社員がいいということや、フリーターがいいということもあります。ですが、結論としては正社員の方が人生設計を組めるほど生涯賃金は多いです。色々と比較していきます。

まず生涯賃金の具体的な数字を見ていきます。正社員として仕事をしている人は大卒で約3億円と言われています。

これだけあれば自分の周りにほしいものを買ったり、結婚して家族を気づいたりすることができます。

一方のフリーターは生涯賃金はなんと6000万円ほどにしかなりません。
企業がびっくりするほど安い給金の条件を突きつけてきて仕事をさせるのです。

それなりの仕事をしていくので楽と思うでしょう。ただ、それなりの仕事だからそれなりの給金となるのです。

それを理解していないとフリーターから社会人に変わることができないでしょう。続いて待遇の違いを見ていきます。

正社員は責任をもって複雑な仕事を行っていきます。故に仕事のメカニズムを把握していきスキルアップを行うことができるのです。

しかしフリーターは先ほどのとおり責任感のない単純作業の繰り返しになってしまいます。一般的にもキャリアアップは非常に難しいのです。

フリーターは同じ仕事をしていれば基本的に収入は一定です。

正社員だと年齢に応じた給金や手当が支給されます。ボーナスも出るところは出ます。ですがフリーターはどんなに頑張っても決まった安い給金しか出ません。

時給の高いところを選ぶしかないということになりますので、長くフリーターをやるのは禁物です。

極論を言ってしまうと、老人になってもフリーターとして仕事を続けていかないといけません。

自分がよりよい老後を過ごすためにもフリーターから脱却しないといけないのです。正社員ならば老後は退職金も出るので悠々自適に過ごせるかもしれないのです。

フリーターは本当に楽なのか

就活しながらフリーターで維持

年代によって出来ること

フリーターになると大問題

フリーターになってしまうタイプとは

仕事を探す時にフリーターは不利なのか



Copyright (C) 2013-,フリーターについて考えるサイト,all rights reserved.