フリーターについて考えるサイト

フリーターについて考えるサイト TOP

社会問題となっているフリーターの増加について考えてみました。

フリーターになってしまうタイプとは

仕事を辞めてフリーターになったり、仕事を探す気がなくてフリーターとして生きていくといった様々な流れでフリーターになることがあるでしょう。

ただ傾向を探ってみるとフリーターになりやすい人というのもいます。大きく分けて3つのタイプに分かれるといいます。ここではフリーターとして生きてしまいそうなタイプを紹介していきます。

まず1つ目は流れでフリーターとして生きていくタイプです。

まずは高校や大学などに進学をしたものの、将来や仕事に就くことに対して目標を持っていないまま退学してしまった人です。このような人は就職活動にも進もうとしません。

結果フリーターになってしまうのです。そして職場での人間関係や仕事自体に嫌気を感じてしまった人です。

最初はやる気があって率先して仕事をしていたのにやがて後ろ向きになって辞表を出してしまうのです。その結果、衝動的だったので計画性がないまま辞めていくのです。

そのまま人生設計などもぼやけたままフリーターとして生きていく人になってしまいます。

次にやむなくフリーターになってしまった方です。

近年不況の影響で事業の倒産などが多くなっています。その結果あおりを受けてしまいフリーターになってしまったというケースが多いのです。このような方は正社員に戻りやすいでしょう。

一方で期間限定のフリーターという方もいます。それは学業に専念するためにお金を一時的にフリーターになって稼いでいるような人です。

主に海外に行くという方に多いです。そしてプライベートでトラブルに遭ってしまいフリーターになってしまった方です。

本人や家族が病気にかかってしまい仕事ができなくなってしまったり、働いていた会社が倒産や人員削減を行ったり、異性関係の影響で会社を辞めないといけなくなった人がそのケースにあたります。最後に夢を求めている人です。

音楽や絵画などで有名になりたいと決まった仕事に就かないで活動している人です。少しでも当てはまることがあるという人は十分に注意していきましょう。

会社を辞めてフリーターになる前に

会社で働いていて、どうしても我慢ならなくなって会社を辞めるという方もいることでしょう。辞めたあとに再就職先が見つかっているのであれば問題はないでしょう。

しかし、フリーターとして生きていくとなったら厳しいと思ってください。収入も少なくなったりその後の企業の面接で大きな壁となってしまうのです。

そのような未来に飛び込む前に、辞表を出す前に自分の行き方を考えていきましょう。色々と思い返すと正社員を辞めることを考えなくなるかもしれません。

今、景気は徐々に上向いてきて雇用の枠も増えてきているのかもしれませんが再就職は難しいものです。特に女性の再就職率は20代から30代でも全体の6割程度なのです。

フリーターとして生きていくとなると、さらに状況が厳しくなるのです。いつまでもフリーターとして生きていくことはできません。

実際にアンケートをとってみるとすぐにやめたい、3年以内にフリーターから脱却したいと考える人が多いのです。フリーターやニートのほとんどが自分の人生を考えていき「このままではいけない」と思っているものです。

それならば今自分は何をしたらいいのか、そして自分はどこで戦っていけばいいのかを考えていきましょう。その答えが分からない人も多々いるでしょう。

ですので家族などに聞いてみたり、自分で調べたりする行動をとっていくことが肝心です。仕事を辞めるときには一旦周囲の意見も取り入れてみましょう。感情が先行するとフリーターとして生きてしまうことが多いでしょう。

辞めたい理由が一時的な感情であるという方は、転職ができたとしても同じことを繰り返してしまうでしょう。

従ってどこに行ってもフリーターとして生きていく可能性があるということなのです。そして正社員から離れて待遇の良さに気づいてしまうのです。

一度そうなってしまうと戻るのは険しいと思ってください。フリーターとして生きていく人になりやすい傾向でもあります。

フリーターは本当に楽なのか

就活しながらフリーターで維持

年代によって出来ること

フリーターになると大問題

フリーターになってしまうタイプとは

仕事を探す時にフリーターは不利なのか



Copyright (C) 2013-,フリーターについて考えるサイト,all rights reserved.